観音寺に幾つもある祭壇の前では、それぞれ参拝客がお参りしていた

観音寺でお参りする人びと
ペナン島のジョージタウンにある観音寺
関連する写真

華僑のいるところにはチャイナタウンがあって、中国寺院も建っている。ペナンのジョージタウンにも華僑がいて、中国寺院が建っていた。ここ観音寺がそうだ。ここは華僑によって建立された道教の寺院なのだ。1728年に建てられたペナンで最も古い道教寺院には、その名が示すとおり観音菩薩が祀られている。しかし、もともとは海の神である媽祖を祀るために建てられた寺院だったのだそうだ。

寺院の中は参拝客で賑わっていた。中国寺院だけにここでもお堂の中にはいくつも祭壇が設けられていて、みなそれぞれ好みの祭壇の前でお参りしている。写真の中でも女性がこちらに背を向けてお祈りをしている一方で、手前に立つ眼鏡の男は右にある祭壇に向かってお祈りをしていた。男の前のテーブルには香炉が置かれていて、何本もの線香が立てられていた。このようにそれほど広くない境内には至るところに祭壇があって、それぞれの祭壇に神様が祀られていて、参拝客は思い思いにお祈りを捧げているのだ。

これだけ神様がいると、どの神様のところでお参りするのがベストなのかを判断するのは難しい。よそ者としては、ただただ皆の元に幸運が訪れるように願うばかりだ。ついでに僕のところにも幸運がやって来てくれたらこの上ない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2009年3月 マレーシア 人びと
香炉 線香 ペナン島 宗教 寺院 信仰 参拝客
ペナン島で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

2610

撮影年月

2008年12月

投稿日

2009年03月20日

更新日

2022年06月14日

撮影場所

ペナン島 / マレーシア

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ペナン島にある観音寺ってどこ?

PREV & NEXT