龍山寺の正面

装飾が施された龍山寺の正面

龍山寺の正面には見事な装飾が施されていた

台湾の台北にある艋舺龍山寺で撮影。

熱心にお参りする人びとを観察し終えたので、正面玄関から外へと出ることにした。そして、ちょっと振り返って装飾は施された入り口を眺める。この龍山寺は18世紀に福建省の泉州から渡来した人たちによって建立された歴史ある寺院だ。日本統治時代には大規模な改修工事もされているのだという。その際にも、福建省泉州からわざわざ職人を呼んできて完全な中国様式で行ったらしい。そのためだろう。どれだけ龍山寺の外観を眺めても日本の要素を感じることはできない。当時台湾を統治していた総督府は台北北部に神社を建てているけれど、地元の人から信仰を集める龍山寺の改修には口を挟まなかったのだろう。

大きな寺院の正面を見上げる。そこにはびっしりと装飾が施されていて、よく見てみると龍もいるし、何かの花も咲いている。そして、至るところが金色で彩られているのだった。とても賑やかな印象を受ける。そして、その感覚は日本で神社仏閣を訪れたときには感じられないものだ。日本で建物の装飾に金がふんだんに用いられているのは金閣寺くらいしか思い当たらない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

艋舺龍山寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11276

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月12日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ