肉屋で働く二人の女性

クロントゥーイ市場の肉屋で働いていた女性

クロントゥーイ市場の肉屋ではふたりの女性が食肉に囲まれながら働いていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

歩いているうちに肉屋が集まっている区画にやって来ていた。どの店先にも大量の肉の塊が陳列されている。写真の肉屋もその中にあったお店のひとつだ。テーブルの上にはびっしりと肉が置かれていて、さらには天井からも大きな肉の塊がぶら下げられていた。

肉に囲まれて、何人かのエプロンをした女性が働いている。肉を仕分けるのに忙しそうだ。店先に突っ立ている僕のことなど目にもかけない。もっとも、僕もここで肉を購入するつもりなどないので、その方が好都合なのだけれど。僕はただただ働いている姿が見られれば満足なのだ。

それにしても、大量の肉が売られている。そして、その大量の肉を一日で売り切ってしまうのだろう。なにせ、このお店もそうだけれど、クロントゥーイ市場にある肉屋は全て吹きさらしだ。つまりは冷房なんてものはない。そのような中で肉は並べられているのだ。次の日になったら、新鮮だった肉もかなり傷んでしまうことだろう。日本と違って、ちょっと古くなった肉をコロッケにしたりするような風習も無いように見える。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

お店に飾られた王族の肖像

写真を撮ったのは市場の中にある、ありふれた精肉店なのだれど、お店の奥にはしっかりと現国王であるラーマ10世の肖像が飾られているのが見える。このような感覚は日本人とはちょっと違うところだろう。王の肖像が飾ってあるからといって、このお店の人が熱心な右翼とは限らないのだ。

バンコクではこのお店と同じように王族の肖像画を飾っているお店は多い。そして、それはタイで王族が尊敬を集めているのを示している。

旅をしていると、町中に王族の肖像が飾られている国に赴くこともある。でも、それは必ずしもタイと同じように王族が尊敬を集めている証拠とは限らないのからややこしい。20年前くらいに訪れたシリアでは、ハーフィズ・アル=アサド大統領(バッシャール・アル=アサド大統領の父)の肖像が町のいたることろに飾られていたけれど、国民に好かれているような雰囲気はあまり感じられなかった。

PHOTO DATA

No

11398

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月12日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ