歩道で肖像画を描く男

歩道で肖像画を描く男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

歩道に出ていた画廊兼工房では男が肖像画を描いていた

露天商が並んでいる場所をしばらく歩いていくと、普通にものを売る露天商とは違うタイプのお店が並んでいた。歩道の脇にはいくつもの絵画が並べられていて、それらを売る露天商が並んでいるのだ。ちょっと変わっているのは、ここは絵画を売っているだけではないことだ。売っている人はそれぞれが画家で、ここで作品の制作も行っている。工房と画廊を兼ねているようなのだ。

たまたまなのかもしれないけれど、ジャカルタでは路上では絵画の製作販売を生業としている人をよく見かける。サワー・ブサル地区を歩いていたときにも同じように歩道脇で作品を製作販売する工房兼画廊が軒を連ねているのを見た。イスラム教が主流の国では、偶像である絵画の類いはあまり人気がないような気がしていたけれど、ジャカルタは例外なのかもしれない。ひょっとしたら、これはインドネシアがオランダの植民地支配を受けていたことと関係があるのかも。

この写真の画家も自身の作品に囲まれながら、作品を制作している最中だった。肖像画の依頼を受けているようで、左手にモデルとなる男の絵を抱えながら、肖像画を描いていた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11713

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月29日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ