イカとタコと若い女性

クロントゥーイ市場でイカとタコと貝を売っていた若い女性

若い女性がクロントゥーイ市場でイカとタコと貝類を売っていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

広い市場の中で売られているのは肉や野菜や果物ばかりではない。海産物もたくさん売られていた。ゴチャゴチャした市場の中を歩き回っているうちにやって来たのは、そのような海産物を販売するお店の前だった。バンコクの町は川沿いにあるけれど、海には面していない。でも、ここには水揚げされたばかりの海産物が大量に陳列されていた。

タイ料理というと、エビを大量に用いるイメージがある。トムヤムを注文すると必ずエビが入っているイメージだ。その一方で、タイ料理でイカやタコが入っているイメージはあまりない。もっとも、僕がチョイスしていないだけで、メニューにはイカやタコをふんだんに使った料理が沢山載っているのかもしれないけれど。

いずれにしても、このお店の店頭には大量とイカとタコと貝類が陳列されていた。水揚げされたばかりの新鮮なものだ。タイ料理だけに、これらが食卓に載る際には辛く炒められているのだろう。でも、日本人の感覚からしてみると、生のまま刺し身で食べてみたいとも思ってしまう。残念ながらここでワサビを買うのは難しそうだけれど。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

ガパオライスとトムヤムクン

タイ料理と聞いて真っ先に思い浮かべるのはガパオライスとトムヤムクンだ。日本でも一般的で、どちらの料理もあちらこちらに見かけるタイ料理屋で食すことができる。

そこで、タイでガパオライスを食べてみようと食堂でガパオライスと注文しても通じないかもしれない。「カウ・パッ・ガパオ・ガイ」と言わなければならないのだ。ガバオとは単にハーブの名前を指しているだけなので、ガパオライスというとご飯にハーブを載せただけのものと解されてしまう可能性があるのだ。

「カウ」はご飯、「パッ」は炒める、「ガパオ」は日本で言うホーリーバジル、「ガイ」は鶏肉の意味で、組み合わせて初めて日本人のイメージするガパオライスになる。それはトムヤムクンも同じで、「トム」は煮込む、「ヤム」」は混ぜる、「クン」はエビという風に食材と調理方法の組み合わせになっている。タイ料理の名前はタイ語が分かるとどのようなものなのか分かるようになっているような気がする。

以上を踏まえると、エビの入らないトムヤムクンはもはやトムヤムクンではないのだ。他の食材入りのトムヤムスープもあって、鶏肉が入ればトムヤムガイ、魚肉が入ればトムヤムプラー、イカならトムヤムプラームックとなるのだ。

PHOTO DATA

No

11399

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月12日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ