肉屋の屋根は肉を美味しく見せるために赤いビニールシートで作られていた

クロントゥーイ市場の肉屋で働く刺青のある男
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

腕に刺青のある男がクロントゥーイ市場にある肉屋の赤い屋根の下で働いていた

クロントゥーイ市場にある肉屋の屋根は赤いビニールシートで作られていた。そのため、肉屋の中は一面赤味を帯びた世界になっていた。まるで、赤いフィルターを付けたカメラで覗いているようだ。そのようになっているのは、この肉屋だけではない。他の肉屋も同じように赤いビニールシートを肉が陳列されている上に広げている。何か意味があるのだろう。ひょっとしたら、普通のビニールシートよりも、この方が肉が傷むのを遅らせるような効果があるのかもしれない。いや、違う。おそらくはその方が肉が赤く見えて美味しそうに見えるからなのだろう。

いずれにしても、この肉屋では男たちも女たちもそのようなことを気にすることなく働いているように見える。奥の方では女性たちがおしゃべりに花を咲かせながら大きな肉の塊を扱っている。そして、手前では男が包丁を手にして黙々と肉を小さくさばいていた。

よく見てみると、男の腕には蜘蛛の巣ような刺青が入っている。蜘蛛の巣には神秘や陰謀や危険といった意味があるようだから、真面目に仕事をしているこの男も見かけによらず、実は邪悪な一面を持ち合わせているのかもしれない。

ENGLISH
2020年2月 人びと タイ
バンコク 肉屋 クロントゥーイ市場 市場 刺青

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11404

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月16日

更新日

2020年09月14日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ