男はクロントゥーイ市場の通路の真ん中で蒸したトウモロコシを売っていた

クロントゥーイ市場で蒸したトウモロコシを売っていた男
蒸したトウモロコシを売っていた男
似たような写真

バンコクのクロントゥーイ区にある同じ名前を冠した市場は広大で、敷地にびっしりとお店が立ち並んでいる。ここで売られているのは食材がメインで、地元の人たちで賑わっている。僕は人混みに紛れて市場をウロウロしていた。

どの通路にも大勢の買い物客がいる。ここは観光客向けの市場ではないので、歩いている人のほとんどは地元の人で、食材を仕入れに来ている人たちだ。通路のところどころには、仕入れに来た人が小腹を満たせる軽食を売る屋台が出ていた。写真の黄色のエプロンをした男はそのひとりだ。

男は通路の真ん中にワゴンを置いて、蒸したトウモロコシを売っていた。ワゴンには熱々のトウモロコシが山積みになっている。よく見てみると、トウモロコシの間に蒸し器が見える。男はここで蒸したものを、その場で売っているのだ。

蒸し終わったトウモロコシを、男は素手で掴んでワゴンの上に並べていた。蒸し終わったばかりのトウモロコシは熱いと思うけれど、男にとっては手慣れたものらしい。ひょいひょいと載せている。沢木耕太郎もその昔クロントゥーイ区を訪れていたようだ。そのことが代表作である深夜特急の中に記載されている。

 でコメントする
ENGLISH
2020年2月 人びと タイ
エプロン バンコク 玉蜀黍 クロントゥーイ市場 市場 露天商 腕時計 黄色

PHOTO DATA

No

11397

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月11日

更新日

2023年09月12日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT