包丁を片手に微笑む女性

包丁を片手に微笑む女性

包丁を手にした女性が笑ってくれた

タイのバンコクで撮影。

今度やって来たのは小さな食堂だった。床一面に食材が入った籠が置かれている。足の踏み場もないくらいだ。奥の壁に目をやると、テレビの横に国王の肖像画が掲げられている。最近亡くなったラーマ9世と並んで、ラーマ5世の写真も飾られている。ラーマ9世の写真はいたる所で目にするけれど、ラーマ5世は珍しい。タイを近代化させた名君として知られるラーマ5世が亡くなったのはもう100年以上前のこと。実際のその治世に生きていた人はもうほとんどいないだろう。ちなみに映画「王様と私」で英国人の女性家庭教師が教育を担当したのがラーマ5世だ。

散らかった部屋の中では二人の女性が食材を刻んでいた。トントンとリズムの良い包丁の音が聞こえてくる。二人は下ごしらえをしているのだ。これだけの量の食材を用意しているということは、この食堂はかなり繁盛しているに違いない。そんな様子を眺めていると、奥にいた女性が僕に気がついた。カメラを向けると、包丁を上げながら笑顔で応じてくれた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

バンコクってどこ?

PHOTO DATA

No

10703

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月22日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ