肉屋の若者は肉切り包丁で捌いていた

肉切り包丁で捌く若者
タイのバンコクにあるバンコク・ノーイ市場で撮影
関連する写真

市場の閑散としていて静かだった。そんな市場の一区画で肉屋だけが働いていた。他のお店は全て閉まっているのだけれど、肉屋だけが仕事している。このことが肉屋がかなり繁盛していることを意味しているのかは分からない。ひょっとしたら、ただ単に残業代を稼ぐために残業をしているだけなのかもしれない。いずれにしても、肉屋の若者たちは楽しそうに仕事をしていた。写真の若者もそのひとりだ。

同僚たちと同じように、この若者も上半身裸になって、腰にはズボンが汚れないようにビニールを巻いている。剥き出しの肩には大きな入れ墨が見えた。そして、手には中華包丁のような形の肉切り包丁を持っている。写真を撮っている間も、男はせっせせっせと仕事をこなしていく。大きな豚肉の塊がどんどんと切り分けられていた。そのような状況の中で、周囲を見渡しても冷蔵庫の類いはどこにも見当たらない。捌かれた豚肉はどうやって保存するのだろう。ひょっとしたら、客が買いに来るまで常温で保存されるのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年8月 人びと タイ
バンコク 肉屋
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10711

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月28日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコク・ノーイ市場ってどこ?

PREV & NEXT