鳥居の向こうにある階段の上に見える和泉熊野神社の社殿は、とても遠くにあるように感じる

和泉熊野神社の鳥居
和泉熊野神社の鳥居
関連する写真

都内にある神社仏閣の境内は、京都にある神社仏閣の境内と比べると狭いところが多い。名の通った神社仏閣であっても、コンパクトな境内にすっぽり収まっているのだ。神様がお住まいになっているとはいえ、多くの人間が住んでいる東京のこと、神様よりも人間の住む場所の方が重要と考えられたのだろう。京都にある伏見稲荷大社のような、どこまでも続くかと思われる境内を持つ神社は東京にはないのだ。

物理的に広い境内がない中で、狭い境内を少しでも広く感じさせるには錯覚を利用するしかない。木々を鬱蒼と茂らせたりして、視界を悪くするのも境内を広く錯覚させるひとつだと思う。この日にやって来た和泉熊野神社は、そんな視野の悪さを利用して境内を実体よりも広く見せているように感じる神社だった。

参道の脇に鎮守の杜があるわけでもなく、木々が鬱蒼としているわけでもないものの、鳥居の先にある階段の上に社殿が小さく見えて、参道の入り口から社殿までかなりの距離があるように感じてしまう。階段があるがゆえに、登った先の状況がよく見えないのが功を奏している。実際には、階段を登ればすぐにたどり着いてしまうのだけれども。

ENGLISH
2022年4月 建築 東京
和泉 神社 階段 鳥居

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12249

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月28日

撮影場所

和泉 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

和泉熊野神社ってどこ?

Prev & Next