階段の上に建つ門の向こうに大成殿と書かれた扁額が掛かっているのが見える

湯島聖堂の階段
東京の御茶ノ水にある湯島聖堂で撮影
関連する写真

ここは孔子を祀った孔子廟だ。江戸時代の公式イデオロギーは儒教の一派である朱子学だったのだけれど、都内にはあまり孔子廟というのはない。かつては存在していたのかもしれないが、少なくとも今では見かけることが少ない。やはり民衆に受け入れなければ、お稲荷さんのようにユビキタスにはならないのだろう。

湯島聖堂の境内に足を踏み入れると、中は静けさに包まれていた。階段の下に立ち止まると、上にある杏壇門が見える。そして、その向こうにある大成殿も見える。大成殿に掛かっている扁額さえも見えた。

ちなみに大成殿とは孔子をまつる孔子廟正殿の名だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年9月 建築 東京
御茶ノ水 階段 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

5676

撮影年月

2011年6月

投稿日

2011年09月02日

更新日

2020年08月05日

撮影場所

お茶の水 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

湯島聖堂ってどこ?

PREV & NEXT