男が平河天満宮に立つ銅鳥居で一礼してから中へ進んでいった

平河天満宮の鳥居で一礼する男
平河天満宮の鳥居で一礼する男
関連する写真

天満宮と言うと、太宰府にある太宰府天満宮京都にある北野天満宮を思い浮かべる人が多いと思うけれど、皇居からほど近い東京のど真ん中にある平河町にも天満宮がある。ビルに囲まれた狭い境内に建つ天神さまだ。

太宰府天満宮や北野天満宮の人気には及ばないけれど、東京で最も人気のある天満宮は湯島天満宮と言われている。その湯島からそれほど離れていない平河町にも菅原道真を祀った神社があるというのは、それだけ昔の人たちに天神信仰が一般的だった証なのだろう。東洋経済オンラインの「日本に多い神社仏閣名(2016年3月20日掲載)」によると、応神天皇を祀る八幡神社・八幡宮や稲荷神を祀る稲荷神社には敵わないものの、天満宮も1200を超える神社のある一大勢力になっている。全国津々浦々にあるのだ。

菅原道真の神霊が頼りにされるような魑魅魍魎が跋扈していた時代は過ぎ去っても、文学・詩歌・書道・芸能の神、あるいは慈悲の神に変貌した菅原道真は学問の神として敬われている。時代を経て、学歴社会と言われる現代にピッタリの神様に変貌を遂げているのではないだろうか。

ENGLISH
2022年2月 人びと 東京
バック・ショット 平河町 神社 鳥居 参拝客

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12183

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年02月21日

更新日

2022年04月04日

撮影場所

平河町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

平河天満宮ってどこ?

Prev & Next