車の下にいた猫は、ふてぶてしいくらいの我が物顔でくつろいでいた

車の下で我が物顔でくつろいでいた猫
車の下で我が物顔でくつろいでいた猫
関連する写真

ここのところ、よりもの方がずっと人気がある。「ネコがメディアを支配する」というタイトルの本が出版されるくらい猫の動画を目にしない日はない。実際、数年前から日本では犬を飼う人よりも猫を飼う人の方が多くなっているという。

その人気の差は言葉にも現れている。気がつけば「地域猫」なんて言葉が広く受け入れられているのだ。地域猫とは「特定の飼い主がいないものの、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫」のこと。地域犬なんて言葉は耳にしないから、この言葉は猫だけのよう。それでは「特定の飼い主がいないものの、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている犬」はなんて呼ぶのかというと、今も昔も野良犬だ。

そうなのだ。地域猫と呼ばれている猫は昔なら野良猫と呼ばれていたもの。野良猫という言葉のイメージが良くないからなのか、今では地域猫と呼ぶ人が多数派を形成しているような気がする。このような状況が続けば、そのうち野良猫という言葉自体が廃れてしまうかもしれない。そうしたら家に迷い込んできた野良猫に「ノラ」と名付け、ノラとの日常を随筆に残した内田百閒の面白みがわからなくなってしまうのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年4月 動物 東京
自動車 和泉 リラックス

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12251

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月30日

更新日

2022年05月01日

撮影場所

和泉 / 東京

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

写真を撮った杉並区和泉ってどこ?

PREV & NEXT