杉並にある龍光寺の四国八十八箇所霊場で、石仏が静かに目を閉じていた

龍光寺の四国八十八箇所霊場
龍光寺の四国八十八箇所霊場
関連する写真

交通機関がない時代に東京から四国へお遍路に行くのは大変だったに違いない。なにせ四国で88箇所の霊場を巡るだけでも大変なのに、そのスタート地点に立つために、遍路の行程よりも長い距離を歩かねばならない。これからが本番だとなったときに、すでに疲れ切ってしまっているのでないかと心配だ。

お遍路に行きたいのは山々なのに、実際にお遍路するのはハードルがとてつもなく高い。これでは行きたい人が多くても、行ける人は限られてしまう。そこで発想の転換をする人が現れたのだ。行くのが難しいのなら、逆にお遍路に近くまで来てもらえばいい。勝手な想像だけれど、これが「お砂踏み巡礼」の始まりではなかろうか。

「お砂踏み」とは四国八十八ケ所霊場の各札所から砂を集め、そのお砂を札所と考えるお遍路の変形バージョンだ。この「お砂」を踏みながらお詣りすると、実際にお遍路したことと同じと言われているのだ。これなら遠い四国まで赴かなくともお遍路できるとして人気があり、江戸時代には日本全国に四国八十八箇所霊場のお砂踏みができる場所が造られたという。この日にやって来た龍光寺にも、そのような四国八十八箇所霊場が設けられていた。

この霊場が古いものなのかどうかは良くわからない。でも参道沿いに並べられた石仏群を見る限り、それほど古いものではなさそうだった。

ENGLISH
2022年4月 静物 東京
仏像 和泉 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12250

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月29日

更新日

2022年05月01日

撮影場所

和泉 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

龍光寺ってどこ?

Prev & Next