神門には扁額が掛けられていた

日枝神社の扁額
東京の永田町にある日枝神社で撮影
関連する写真

写真は神門に掲げられている扁額。日枝神社の御祭神は大山咋神だ。名前の「くい」は杭のことで、大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者の神を意味しているらしい。それだからか、この神社は小高い山の上に建立されている。

ENGLISH
2012年11月 建築 東京
永田町 神社 扁額
永田町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7035

撮影年月

2012年10月

投稿日

2012年11月30日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

永田町 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

日枝神社ってどこ?

Prev & Next