ター・ティエン市場の一角に地主神を祀る祭壇が設けられていた

ター・ティエン市場にあった祭壇
ター・ティエン市場にあった祭壇
似たような写真

バンコクにあるター・ティエン市場をウロウロしていた。市場にあるお店は営業しているけれど、あまり買い物客はおらず閑散としている。喧騒はない代わりに、暇そうにしている店員たちに売っているものを聞くのにいい機会だった。日本であまり目にしないようなものも並んでいて気になるのだ。

そうこうしているうちに、小さな広場に出くわした。広場の端に祭壇が設けられていて、中には黄金の像が安置されている。台座には漢字で「地主神位」と書かれているから、神道で言うところの地主神のようなもので、この辺りを守護している神様だ。市場の繁栄を祈願して置かれたのだろう。

神様は薄暗い祭壇でぼんやりと灯りに照らされていた。繁盛しているとはとても言えない状況の市場を見る限りでは、この神様は休憩の最中なのだろう。それにしても、バンコクは中華文化の影響が強い。ター・ティエン市場もバンコクのチャイナタウンからは離れた場所にあるのにもかかわらず、漢字が用いられていて中華文化を感じさせるものだった。

 でコメントする
ENGLISH
2019年12月 町角 タイ
祭壇 バンコク 漢字 市場

PHOTO DATA

No

11333

撮影年月

2019年9月

投稿日

2019年12月22日

更新日

2023年09月21日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT