像は真っ直ぐに上の方を見詰めていた

ビガン大聖堂にある上の方を見詰める像
フィリピンのビガンにあるビガン大聖堂で撮影
関連する写真

ビガン大聖堂の一番奥には大きな祭壇が設けられていた。そして聖人の像が祭壇の中心に立っていた。ビガン大聖堂が聖パウロに捧げられているようなので、この像は聖パウロなのかもしれないが、実のところよくわからない。

いずれにしても、両脇に控えている天使は視線を落としているのに対し、この聖人は真っ直ぐに天空を眺め続けている。まるで輝かしい未来を見つめているかのようだ。おそらく天国の姿形がありありと瞳に写っているのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2014年2月 フィリピン 静物
祭壇 カテドラル ビガン
ビガンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

8321

撮影年月

2008年9月

投稿日

2014年02月12日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ビガン / フィリピン

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ビガン大聖堂ってどこ?

PREV & NEXT