それぞれの祭壇に参拝客が訪れていた

大史廟という中国寺院で参拝する人
インドネシアのジャカルタにある大史廟という中国寺院で撮影 オザワテツ

大史廟という中国寺院にはあちらこちらに祭壇が設けられていて、それぞれに参拝客がいた

ジャカルタにある大史廟の本堂はごちゃごちゃしていた。あちらこちらに祭壇が設けられていて、それぞれに異なる神様が祀られているのだ。東南アジアにある中国寺院を訪れるといつも思うのだけれど、中国寺院では神様が増えたから別の寺院を建立しようという発想にはならないようだ。どんどん合祀していって、神様の数が増えたらその分寺院の格が上がったと考えるのかもしれない。

祭壇と祭壇の間にもロウソクが置かれているので、思いの外お堂の中にはスペースがない。狭い通路をあっちにいったり、こっちにいったりしている間も参拝客が現れてお参りを始めていた。

参拝の邪魔にならないように見ていると、来る信徒、来る信徒、誰も迷うことなく祭壇へと足を進めている。どの祭壇でお参りするのか迷っている様子はないのだ。地元の人はそおれぞれがお参りすべき神様がどこに鎮座しているのか、ちゃんと把握しているようだ。いくつもの祭壇が置かれていると、門外漢である僕にはどこでお参りするべきか見当が付かないけれど、ご利益をいただくためにはきちんと把握している必要があるに違いない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにある大史廟ってどこ?

PHOTO DATA

No

11558

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月08日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ