エビとカニを売る女性

クロントゥーイ市場でカニとエビを売る女性

女性の前には大量のエビとカニが並べられていた

タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影。

クロントゥーイ市場の通路脇には丸いトレイがいくつも並んでいた。どれにも海産物が載せられている。上の写真のお店はエビとカニを主に扱うお店のようだった。漆黒のカニも置いてあれば、ちょっとだけ赤味を帯びているカニも売られている。

ビニール製の手袋をはめた女性が並んでいるトレイの前に立っていた。グローブをした手でトレイの上にカニを追加している。見ていると、女性がグローブをしている理由が気になってしまった。おそらくは、手がカニ臭くなってしまうのが嫌なのだろうけれど、手袋をしただけでは長い髪はやはりカニ臭くなってしまうのではなかろうか。この職場で働いている限り、カニの臭いと縁を切るのは難しいに違いない。

タイというとエビのイメージが強いけれど、ここではカニも大量に売られている。眺めていると、ふとプー・パッ・ポン・カリーというタイ料理を思い起こした。プーはカニ、パッは炒めること、ポンはパウダーをそれぞれ意味していて、つまりカニの入ったカレーだ。この料理名もトムヤムクンと同じように食材と調理方法がそのまま名前になっているのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11408

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月19日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

スナップ写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ