魚屋の男がちょうど虱目魚に切れ目を入れていた

魚を捌く魚屋の男
台湾の台南にある鴨母寮市場で撮影
関連する写真

台南にある鴨母寮市場は賑わっていて、魚屋の男も忙しそうに働いていた。丸い木製の俎板の上には虱目魚と思しき魚が置かれていて、男はちょうど身に切れ目を入れているところだった。台南の市場では虱目魚が売られているのをよく目にする。日本ではあまり馴染みがないけれど、ここではメジャーな魚だ。

虱目魚の身にはまっすぐな切れ目が入っているのは見える。男は一心不乱に切れ目を入れていて、僕には一瞥もくれることはない。ひょっとしたら、僕が直ぐ側に立っていることにさえ、気が付いていないかもしれない。

僕は男の手際の良さに見とれていた。それと同時に、男が何故ゆえに色違いの手袋をしているのかが気になって仕方が無い。あまりにも忙しすぎて、そこまで頭が回っていないだけかもしれないけれど。

ENGLISH
2017年4月 人びと 台湾
魚売り グローブ 市場 台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10098

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年04月06日

更新日

2020年12月03日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

鴨母寮市場ってどこ?

Prev & Next