ワット・スタットのトリーローカチェート仏

ワット・スタットのトリーローカチェート仏
タイのバンコクにあるワット・スタットで撮影 オザワテツ

布薩堂の奥にはトリーローカチェート仏が鎮座していた

履物を脱いで布薩堂の中へと入っていった。参拝客の姿はほとんどなく、お堂の中は静まり返っている。そして、お堂の奥には大きな仏像が鎮座していた。黄金の仏像は薄暗いお堂の中でも怯むこと無く輝いている。やはりここでも仏像は光輝いているのだった。東南アジアでは地味な仏像よりも、光っている仏像の方がご利益があるように思えるのだろう。仏像は金箔で覆われていることが多い。日本と違って木造の仏像なんて東南アジアでは見たことはない。もしこの辺りの仏教徒がイソップ童話の「金の斧」のような場面に遭遇したら、みな光り輝く黄金に惹かれて金の斧を選んでしまうのかもしれない。

窓以外の壁は全て壁画が埋め尽くされている。タイの民話やインド神話が描かれているのだという。窓からは心地良い風は吹き込んでいて、お堂の中は涼しかった。ちょっと休むには格好の場所だ。僕は床に腰を下ろして、仏像と向かい合いながら風を感じながらしばし休憩したのだった。

EN

ワット・スタットってどこ?

PHOTO DATA

No

10405

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月08日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ