サイアム・パラゴン

サイアム・パラゴン
関連する写真

大勢の人がショッピングモールに来ていた

タイのバンコクにあるサイアム・パラゴンで撮影。

BTSのサイアム駅の周辺には幾つも大きなショッピングモールが建っている。どれに行こうか迷ってしまうくらいだ。旅行者である人間には、ショッピングモールごとの違いがよくわからない。地元の人には、こちらのショッピングモールにはあれがあって、こちらのショッピングモールにはあれがないなど、色々な違いが分かるのだろうけれど、僕にはどれもこれも同じようなショッピングモールに見えてしまうのだ。そのような状況の中で、僕が訪れることにしたのはサイアム駅の目の前にあるサイアム・パラゴンだった。

サイアム・パラゴンの中には多くのお店が入っていて賑わっていた。どのお店も小洒落た店構えをしていて、ここをウロウロと歩いてもアジア的なゴチャゴチャさは微塵も感じられない。東京にあるショッピングモールとほとんど変わらないように見えてしまう。その一因は日本経済の不調にあるのだと思う。日本とタイの所得格差は以前よりもずっと小さくなっているのだ。日本が失われた20年なんて言っている間にタイの経済は着実に成長したのだろう。もはや日本はアジアで一番豊かな国ではないのだ。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

サイアム・パラゴンってどこ?

サイアムとシャム

シャムと言葉を聞くとシャム猫だとかシャム双生児だとかなんだかちょっと得体のしれないものをイメージしてしまう一方で、サイアムと聞くとバンコク中心部を想像してしまう。連想するイメージは全く異なるけれど、シャムとサイアムは実は同じ単語だ。英語ではどちらもSiamと書く。

タイの正式名称は1939年まではシャムと言った。シャムという言葉は古く、パーリ語の「黄金の国」、サンスクリット語の「闇」、もしくはモン族の言葉の「異邦人」に由来しているというけれど正確なところはわからない。いずれにせよ、この辺りの場所は古くからよその人からシャムと呼ばれていたのだろう。

中国の人がこの辺りをシャンと読んでいたのを、ポルトガル人がシャムと西洋に紹介したため、ヨーロッパでは長いことシャムと呼ばれることとなったのだそうだ。

ちなみにミャンマーの少数民族であるシャン族のシャンもシャムと同じ意味だ。彼らはタイ族なのだ。

DATA

Photo No

11380

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月30日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

ショッピングモールの中の人影

タイ

KITTEの内部

東京

KITTEの中にあるお店

東京

表参道ヒルズの内部

東京

非常階段を登る人影

マレーシア

提灯の下で行われる生演奏

マレーシア

KLCCのエスカレータ

マレーシア

エレベータの横で商売していた人たち

マレーシア

混雑していたセール売り場

マレーシア

宙に浮かんだプレゼント箱

マレーシア

赤子を抱えながら歩く若いお母さん

フィリピン

うごめく人びと

東京

表参道ヒルズの中を歩くシルエット

東京

ロントウカフェ

タイ

壁に飾られたアラーキーの写真集

東京

窓の向こうに見える机の上にノートパソコンを広げた男

東京

ガラス張りのドアの向こうに腰を下ろした年配の男性

埼玉

食堂で寛いでた男たち

ミャンマー

喫茶店のシルエット

東京

喫茶店の中に腰を下ろしていた女の子

東京

太い柱の向こうにいる女性

東京

甘味処の入り口

東京

カフェにいた人びと

東京

喫茶店にいたカップル

東京

キューを持つ青年

ミャンマー

アーカイブ