二体の仏像と一人の参拝客

二体の仏像と一人の参拝客
タイのバンコクにあるワット・スタットで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

二体の仏像が見えた

礼拝堂の階段を登って玄関に向かうと、入り口の手前に小さな黄金の仏像が鎮座しているのが目に入ってきた。ここでもやはり仏像は日本と違って黄金に輝いている。そして、右手は下を向いていて降魔印を結んでいる。膝の上にはお供え物の花が載せられていた。この仏像の向こう側に目を向けると、大きな窓が設けられていて窓越しに礼拝堂の御本尊であるシーサーカヤームニー仏が見えるのだった。こちらの仏像ももちろん黄金に輝いている。そして、こららも右手を下に向けていて降魔印を結んでいる。この仏像はもともとスコータイにあったものをラーマ1世がここに持ってきたのだという。ちなみに降魔印は誘惑や障害に負けずに真理を求める強い心を象徴している。

二つの黄金の仏像を同時に眺めていると、なんだか親子のようにも見えてくる。そして、何故だか小さい方をお父さんだと思ってしまうのだ。これはゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじのイメージが大きい気がしてならない。そうこうしていると、仏像と仏像の間に参拝客が現れた。そして、その女性の参拝客は静かに手を合わせてお祈りを始めたのだった。

ENGLISH
2018年1月 人びと タイ
バンコク 仏像 黄金 寺院

ワット・スタットってどこ?

PHOTO DATA

No

10420

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月21日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国外で撮影した写真とエッセイ