路地の先には仏像

路地の先には仏像
タイのバンコクにあるバムルンムアン通りで撮影 オザワテツ

路地の先に黄金の仏像が見えた

バムルンムアン通りを歩いていた。ここは別名仏像屋通りとも呼ばれている。通りの両脇には仏像を販売するお店が立ち並んでいるのだった。幾つもの仏像がどの店頭にも並べられている。しかも、店頭に置かれているものはどれもこれもかなり大きな仏像ばかりだ。これだけ大きな仏像を飾るには大きな家が必要になるだろう。狭い家に置いたら、仏像が家の主役に躍り出てしまうに違いない。ひょっとしたら、タイの一般家庭にはそれぞれ大きな仏像がどこかに安置されているかもしれない。でも、お店には仏像が並んでいるばかりで買い物に訪れている人はほとんど見当たらなかった。一体買ったら、そうそう新たに仏像を買い足すことなどないだろうから仕方が無いことだけれど、人気のないお店の中に仏像だけが並んでいる光景はちょっとシュールだ。

それにしても、ここには多くの仏像屋が並んでいる。ちょっと表通りから脇にそれても、路地の先には黄金の仏像が僕を待ち構えていた。

EN

バムルンムアン通りってどこ?

PHOTO DATA

No

10423

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月24日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ