​​護国寺の本堂に向かう人びとが次々と階段の上に構える不老門に飲み込まれていった

護国寺の不老門

護国寺の不老門

関連する写真

不忍通りに面して建っている仁王門を越えて、しばらく参道を進んでいくと、本堂へ辿り着く前に急な階段が待ち構えている。ここは大塚にある護国寺。かつて徳川幕府の祈願寺だった寺院だ。

階段の上に不老門がそそり立っていて、本堂に向かう人びとが次々とに吸い込まれていく。参拝客が急な階段を登り切って門をくぐっていく様子を眺めていると、まるでこの門が登竜門であるかのような気がしてくる。登りきれれば、たとえ鯉であっても竜になれるという伝承のある例の門だ。

ここでふと気が付くのは、僕がずっと登竜門を登竜という名前の門だと思っていたこと。イメージでは登竜門という門の扉を開けてくぐることができれば、立身出世や人生の岐路でチャンスを掴めるというものだった。でも元になった故事は違う。日本大百科全書によれば、竜門とは門ではなく「中国の黄河中流(山西省河津県と陝西 (せんせい) 省韓城県との間)の急流」だという。この急流を登りきった鯉は竜に化けるという伝承が元になっているのだ。

でも門という漢字が使われているせいで、ずっと登竜という名前の門があるのだと思っていた。漢字がイメージに与える影響は馬鹿にならない。さすがは世界で唯一使われ続けている表意文字だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年5月 町角 東京
大塚 シルエット 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12279

撮影年月

2022年3月

投稿日

2022年05月28日

撮影場所

大塚 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

護国寺ってどこ?

Prev & Next