小松川自然地の土手から伸びる木の間をシルエットになった自転車が走り抜けていった

走る自転車のシルエット
走る自転車のシルエット
似ている写真 撮影地

地図を眺めていると、荒川にロックゲートという設備が設けられているのに気がついた僕は、行ってみることにした。ロックゲートとは水位の異なる河川の間に設けられ、を通航させるためのもの。川と川のあいだに水門をつくって、水位を調節して水面の高さを合わせて船を通すのだ。平たく言うと、水位の違う河川間に設けられたエレベータだ。オランダなど運河の多いところに多く設けられている印象があるものの、東京にもあるとは知らなかった。なんでも荒川ロックゲートが繋いでいる荒川と旧中川の水面差は最大で3.1メートルにもなるのだそうだ。

都営新宿線の東大島駅で電車を降りると、何の変哲もない駅前を抜けて荒川沿いにある小松川自然地へ向かう。ここから荒川の下流に向かっていくと、荒川ロックゲートはそう遠くない。そう思っていた矢先、僕はあることに気がついた。荒川の土手の先にビルも何もない大空が広がっている。当たり前のことと思うかもしれない。でも東京ではホリゾントのようなを拝める場所はあまりない。大抵の場合、どこかに人工物が入ってしまうものだ。でもここにはそれがない。土手の向こうにあるのは空とだけ。荒川ロックゲートに向かうのをしばしお預けにして、僕は土手に向かってカメラを向けることにしたのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年11月 町角 東京
自転車 小松川 シルエット

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12405

撮影年月

2022年7月

投稿日

2022年11月29日

更新日

2022年12月01日

撮影場所

小松川 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

小松川自然地ってどこ?

PREV & NEXT