力強く親指を立ててくれたベチャの運転手

力強く親指を立ててくれたベチャの運転手
インドネシアのチルボンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

客待ちしていたベチャの運転手にカメラを向けると力強く親指を立ててくれた

地図を見るとチルボンの鉄道駅のある辺りは町の中心ではなかった。そこで、僕はトコトコと歩いて中心部へ向かうことにした。ジャラン・シリワンギという大通りを南に向かって歩いていくことにしたのだ。

平日の昼間だっからか、それともいつものことなのかは分からないけれど、ジャラン・シリワンギを歩く人はほとんどいない。自動車やベチャという自転車タクシーは僕の横を走り抜けていくけれど、歩行者とすれ違うことはほとんどなかった。僕は黙々と道を進んでいく。

ジャカルタでもそうだったけれど、ここチルボンでもベチャの運転手が僕に営業をかけてくることはない。カメラを肩からぶら下げて、いかにも旅行者といった風情で歩いていても誰も「どこに行くんだ?」「いくらで町を案内してやる」なんて声をかけてくる人はいないのだ。やはり言葉の通じない外国人を乗せるのは面倒だと思っているのだろうか。

道端に駐めて客待ちをしているベチャの前を通り過ぎても、運転手は声をかけてくることはない。でも、カメラを向けるとしっかりと親指を立ててくれた。客として乗せることに関心はなくとも、カメラを向けられると朗らかに対応してくれるのもジャカルタと同じだった。

ENGLISH
2020年12月 インドネシア 人びと
ベチャ チルボン リクシャワラー サムアップ

チルボンにあるジャラン・シリワンギってどこ?

PHOTO DATA

No

11775

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月30日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

チルボンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ