ポンポンの付いたニット帽をかぶった赤ちゃん

ポンポンの付いたニット帽をかぶった赤ちゃん
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

大人が帽子やヒジャブをかぶっている中にポンポンの付いたニット帽をかぶった赤ちゃんが現れた

ジャカルタチルボンの町を歩いていて思うのは、男も女も頭に何かぶっている人が多いこと。イスラム教徒が多いから髪の毛をヒジャブチャドルで隠している女性が多いのはもちろん、男性でも帽子をかぶっている人が多いように見受ける。モンスター・エナジーの帽子をかぶった老人を見かけるくらい、男性も多くの人が帽子をかぶっているのだ。

この写真の中でも、ベチャの座席に腰掛けて客待ちしている男も帽子をかぶっているし、その向こうに見える黄色いTシャツの男も帽子をかぶっていた。南国インドネシアはジャワ島にあるチルボンは帽子がないと寒くて敵わない日なんてない。単にこの辺りでは外出する際に頭に何かを載せないと落ち着かない男性が多いだけなのかもしれない。

そのような状況の中で、抱っこ紐でスッポリと抱えられた赤ちゃんが現れた。みんなが帽子やヒジャブをかぶっている中で、赤ちゃんはどうだったのかと言うとやはり帽子をかぶっていた。ぽんぽんのついたニット帽は可愛らしい。でも待てよ。ここは赤道近くにあるジャワ島だ。いくら可愛らしいとはいえ、毛糸の帽子をすっぽりとかぶせられたら暑くはなかろうか。心なしか、赤ちゃんもありがた迷惑と感じているような気がした。

ENGLISH
2021年2月 インドネシア 人びと
赤ちゃん ベチャ チルボン ニット帽 市場

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11808

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月05日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ