駅前のベチャ

チルボン駅前に停まっていたベチャ
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

チルボンの駅前には多くのベチャが客待ちしていた

駅舎から外に出ると、チルボン駅の前に何台ものベチャが停まっているのが見えた。ここチルボンでも、庶民の足はベチャという自転車タクシーなのだろう。しかも、ジャカルタでは大通りをベチャが走るのは規制されているのに対し、チルボンではそのような規制がないようだ。駅前からまっすぐに伸びる道にベチャが駐められていた。列車から降りてきた客を待ち構えているのだ。

でも、通りに駐められているのはベチャの車両ばかりで、運転手の姿は見当たらない。愛車を目に止まりやすい道端に駐めて、運転手自身はどこかのお店の中でくつろいでいるに違いない。自転車タクシーに乗りたそうな人が現れたら、どこからどもなく現れる算段なのだろう。ここはチルボン駅の目の前で、お店が軒を連ねている。ちょっと休憩するような場所は多いのだ。

そう思っていたのだけれど、駐められているベチャに近づいても誰も僕のところにやっては来なかった。近づいて、しゃがんで、ファインダーにベチャを収めてシャッターを切っても誰も僕のところにやっては来ない。ファインダーの中を女性客を乗せたベチャが走り抜けても、僕のところには運転手はやって来ないのだった。それほど僕はベチャに乗りそうにもないと思われたのだろうか。

EN

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11773

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月28日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF