インドネシアでは三輪タクシーはバジャイと呼ばれる

ジャカルタの町角に停まっていたバジャイと呼ばれる三輪タクシー
インドネシアの西ジャカルタ市で撮影 オザワテツ

バジャイと呼ばれる三輪タクシーが閑散とした道に停まっていて、窓からは運転手の足が見えた

あまり人の歩いていないジャカルタの道を歩いていた。道の左側には水路が流れていて、右側には商店がずらっと並んでいる。商店だろうか、町工場だろうか。いずれにしても、この日は営業していなかった。どれもこれもシャッターを下ろしてしまっていて、人の気配は感じられない。平日には賑わっていそうなこの通りも日曜日は閑散していた。

黙々とひとり道を進んでいくと、可愛らしい青い自動車がポツンポツンと停まっていた。三輪タクシーだ。人通りの少ない道だったから、客待ちしていたのではないだろう。この場所に車を停めて休憩しているのに違いない。

東南アジアや南アジアでは三輪タクシーは珍しくない。色々な国で走っているのを見るのだけれど、その呼称は国によって異なるのが興味深い。インドではオートリクシャー、バングラデシュではCNG、スリランカではスリーウィーラー、タイではトゥクトゥクと呼ばれ、ここインドネシアではバジャイと呼ぶ。

ちなみにバジャイとは自動車メーカーのこと。日本語ではバジャージ・オートと記載されるインドのメーカーだ。ブランド名がそのまま三輪タクシーの一般名詞になってしまっているのだ。かつて、ポータブルオーディオプレーヤーのことを全部ウオークマンと呼んでいたのと似たようなものだろう。

EN

西ジャカルタ市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11512

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月03日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

自動車写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ