橋の上で客待ちするバジャイ

橋の上で客待ちするバジャイ
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ジャカルタの住宅街を流れる小川に架かる橋の上では2台のバジャイが客待ちをしていた

ジャカルタの住宅街を流れる小川はしっかりと護岸されていて、あとは蓋を載せたら今すぐにでも暗渠にできてしまいそうだ。東京の町にも、かつてはあちらこちらに流れていた小川に、ひとつひとつ丁寧に蓋をした結果、今では暗渠ばかりになってしまっている。東京の道で不自然に右に左に蛇行しているところは、かつて川だったところが多いのだ。それが高度成長期に下水道を整備するために暗渠にされてしまったのだという。

幸か不幸か、ジャカルタで住宅街の中を流れる川や水路は暗渠にされることもなく、青空の下を今でも流れている。近くを歩いていても、臭く感じることもないから下水道はすでに整備されていて、このような小川に生活排水が流れ込むことはないようだ。

そのような小川にはところどころに橋が架かっている。橋の上には2台のバジャイが停まって客待ちをしていた。古今東西、橋には今いる世界と別世界という違う領域を結ぶものというイメージがある。こちらの世界にも、橋の向こうの世界にも、それぞれのルールがあるから、どちらのルールにも縛られないようにするにはその境目にある橋の上にいるしかない。2台のバジャイは異なるふたつの世界を自由自在に行き来できるように橋の上で客待ちをしていたのかもしれない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11645

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月22日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

自動車写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ