バジャイにドリアンを積む男

バジャイにドリアンを積む男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

二人の男がせっせとドリアンを青い車に載せていて、ちょっと離れたところで別の男がその様子を睨んでいた

ジャカルタの町ではよく見かけるバジャイという青いオート三輪がラヤ・マンガ・ベサール通りの道端に停まっていた。その横の歩道には無造作にドリアンが置かれていた。ドリアンはしばしば果物の王様と呼ばれる。そう考えると、歩道には沢山の王様が転がっていることになる。そして、王様たちは二人の男によって、せっせとバジャイの中に運ばれていた。どこかへ運ばれていくのだ。

ちょっと調べてみると、果物の王様と呼ばれるフルーツは場所によって様々なようだ。世界中どこでもドリアンのことを指すのかと思っていたけれど、それは思い違いだったのだ。例えば、南アジアではマンゴーのことを指すし、イングランドではイチジク、カナダではパッションフルーツ、デンマークではイチゴ、イタリアではパイナップルを意味するのだという。思いの外、果物の王様と聞いて思い浮かべる果物は住んでいる場所によって違うのだ。

二人の男は次から次へとドリアンをバジャイの車内に積んでいた。それだけドリアンを載せたら車内はかなり臭いに違いない。その臭さが届いたのだろう。近くを歩く別の男が険しい顔で二人のことを見つめていた。

EN

ジャカルタにあるラヤ・マンガ・ベサール通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11509

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ