バジャイの中で銭勘定する男

バジャイの中で銭勘定する男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

バジャイの運転席に腰掛けた男は黙々とお札を数えていた

お店のシャッターの前にバジャイが停まっていた。エンジンが切られていて、冷たくなった車体の運転席には男が腰を下ろしていた。男はお札を何枚も手にしていて、数えていた。まだ午前中だというのに、なんだか仕事を終えた後に一日の売り上げを勘定しているかのようだった。

この男の様子の通り、ジャカルタで沢山走っているバジャイでは電子マネーを使えない。値段を交渉し、現金でお金を払う必要がある。一部のバジャイでは電子決済を導入しているようだが、ほとんどはニコニコ現金払いなのだ。

旅行者である僕には電子決済ができた方が便利だ。でも、そう思うのは何も旅行者だけではないようだ。地元の人も電子決済の方がいいと思っているらしい。インドネシアGrabGojekなどの配車アプリが隆盛を極めつつある中で、昔ながらの商売をしているバジャイの利用客は減少傾向にあるのだという。

もっとも、これは決済方法だけが理由では無いだろう。配車アプリを使えば、バジャイが客待ちしている場所まで赴く必要もない。つまり配車アプリを使えば迎車サービスも自動的についてくることも大きいと思う。

料金がさほど変わらなければ、迎車サービスも付いてくる方がいいと思う人が多いのは当然だろう。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11707

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月23日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ