町中を流れる水路を眺めるふたり

並んで水路を眺めるおじいさんと孫
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

おじいさんと幼い孫が水路脇に並んで、熱心に水路を流れている何かを眺めていた

ジャカルタの町をトコトコ歩いていた。ジャカルタと一口に言ってもこの町は大きい。インドネシア最大のこの都市は中央ジャカルタ市、南ジャカルタ市、西ジャカルタ市、東ジャカルタ市と北ジャカルタ市から成る都市圏人口が3000万人を超えるメガシティなのだ。実際、単にジャカルタと言った場合には市でなはく、五つの市からなる首都特別州を指していることが多い。まあ、東京23区みたいなものだろう。

この時歩いていたのは西ジャカルタ市だった。水路を挟んで商業地区と住宅街が分かれているような場所の、ちょうど境目を歩いていた。道路脇には工場や商店も並んでいたけれど、この日が日曜日だったからかどれも閉まっていた。インドネシアはイスラム教徒が世界で最も多い国だけれど、休日は金曜日ではなく、キリスト教国家の西洋諸国と同じように日曜日のようだ。

閑散とした道を黙々と歩いていく。すると、水路沿いに幼い女の子とおじいさんがいた。仲良く並んで水路を覗き込んでいた。二人とも右方向ばかりじっと見ているから、僕が後ろに立ってカメラを構えたことには気が付かない。よほど気になるものが流れて来ているのだろう。大きな桃でも流れていたのかもしれない。

EN

西ジャカルタ市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11511

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月02日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ