タキーヤとバジャイ

ジャカルタでタキーヤをかぶっていた男
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

青いバジャイの横にタキーヤをかぶった男が立っていた

交差点にやってくるとまたバジャイが何台か止まっていた。ジャカルタの街には至るところにバジャイと呼ばれるタクシーが止まっている。バスなどの都市交通網は発達しているようだけれども、それでも地元の人はバジャイに乗ることも多いようだ。

バジャイの横にはそれぞれ男が立っていた。2人はのんきに歩いている僕の姿を見つめている。それでも、男たちは決して声をかけてはこない。外国人旅行者は客として認識されていないようだ。言葉の通じない客を乗せるのが嫌なのかもしれない。

2人の男ともお椀のような形をした帽子をかぶっていた。イスラム教徒のかぶるタキーヤという帽子だ。インドネシアでかぶられている帽子と言うとソンコを思い浮かべるけれど、タキーヤを被っている人もそこそこ見かける。地元の人がどのように使い分けているかはわからないけど、いずれにしてもインドネシアのような暑い国で帽子をかぶっていると頭が蒸れて仕方がないような気がしてならない。

おそらく地元の人は暑かろうが寒かろうが関係なく帽子をかぶって出かけるのが習慣になっているのだろう。僕も日本でマスクをして出かけるのが習慣になりつつある今日この頃だ。

ENGLISH
2020年7月 インドネシア 人びと
バジャイ ジャカルタ タキーヤ タクシー タクシードライバー

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11608

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月18日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ