道端に停車していたバジャイ

グロドック地区の道端に停車していたバジャイ
インドネシアのジャカルタにあるグロドック地区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

道路脇に停まっていたバジャイの運転席には男が腰掛けて客待ちしていた

シェアリング・エコノミーはここジャカルタにもしっかりと入り込んでいた。町を歩いていると、GrabやGojekのロゴを付けて走っているバイクをよく目にする。Grabは東南アジア諸国で幅広くビジネスをしている配車アプリのブランドだ。日本ではUberばかりが注目を浴びているけれど、GrabはUberから東南アジアのライドシェア事業を購入した、いわば東南アジアのUberだ。それに対し、Gojekはインドネシア発の配車アプリだ。ジャカルタの町では、このふたつの配車サービスがしのぎを削っているのだった。

このような配車サービスは外国人旅行者である僕にもとても使いやすくできている。どちらの会社が競争に勝利するのかどうかは置いておいて、シェアを伸ばしていくのは想像に難くない。そのような時代の趨勢の中で、取り残されつつあるのはバジャイと呼ばれる三輪のタクシーではないだろうか。アプリからの連絡なんて関係のないバジャイは、昔ながらに道端に車を停めて客を待っていた。

写真のバジャイもそうだった。道端に停めて客を待つバジャイの運転席には男が腰を下ろして客待ちをしていた。前を通りがかろうとすると、ガラス越しに運転手と目があった。暇を持て余していた男は、愛車の前でカメラを構えた外国人を訝しそうに眺めていた。

ENGLISH
2020年6月 インドネシア 人びと
中華街 運転手 ジャカルタ タクシー

ジャカルタにあるグロドック地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

11560

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年06月10日

更新日

2020年09月09日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ