茅葺屋根の山門を抜けて、多くの参拝客が深大寺に足を踏み入れていた

深大寺の山門
深大寺の山門
関連する写真

調布にある古刹深大寺の見どころは何だろう。かつて寺領だった神代植物公園を挙げるひともいるだろうし、釈迦堂に安置されている国宝の銅造釈迦如来倚像を上げる人もいるだろうし、本堂に安置されている宝冠阿弥陀如来像の霊験のあらたかさを挙げる人もいるだろう。食い意地の張った人であれば、名物である深大寺そばだという人もいるかもしれない。

そのような中、個人的に一番心を惹かれたのは小さな山門だった。浅草寺雷門という立派な山門が、京都にある大徳寺金毛閣と呼ばれる重要文化財にも指定されている門があるように、名刹には大きな山門があって金剛力士像が鎮座していることが多い。けれど深大寺の山門はそのような格式張ったものとは一線を画す質素な門だ。目を瞠るような大きいものではなく、茅葺屋根の上に雑草が生えている。屋根の上だけを見たら、廃屋なのではないかと思ってしまうような代物だ。でもそれが良い。

隙がないくらい手入れが行き届いているものよりも、このようにあるがままにされている方が個人的には好感が持てる。それに法爾自然という仏教用語にぴったりだと思うのだ。もっとも山門は深大寺の建造物で最古のもの。あるがままにされているように見えても、実はしっかり管理されているのだろうけれど。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年8月 建築 東京
調布 屋根 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12339

撮影年月

2022年5月

投稿日

2022年08月02日

撮影場所

調布 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

深大寺ってどこ?

PREV & NEXT