今では陸地と繋がっている不忍池辯天堂は参拝客で賑わっていた

不忍池辯天堂
東京の上野にある不忍池辯天堂で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

上野にある不忍池は忍岡の畔にあるから不忍池と呼ばれるようになったという説がある。忍岡とは上野台地の古称。今は上野公園になっている辺りのことだ。でもそれだけではなぜ名前に否定を意味する不の字が用いられているのかわからない。忍岡に登らなくとも行けるから忍ばずの池になったのだろうか。

不忍池の真ん中には寛永寺の開祖天海が築かせた弁天島があり、弁天堂が建っている。1672年に橋が架けられるまで、弁天島は文字通りの島ででなければお参りできなかったという。今では動物園通りから参道のような道がまっすぐに弁天堂まで伸びていて、船に乗る必要もなく簡単にお参りできるようになっている。

でも思うのだ。今でも船でしか行けない方が面白かったのではなかろうかと。かつての江ノ島やモン・サン・ミシェルののように引潮の時にしか行けないとか、海が荒れると行けないとか何かしら障害があった方が行けたときの達成感は格別に違いない。トコトコ歩いてお参りした僕に特別な満足感は微塵もなく、近所の神社を訪れたときと何ら変わらなかった。上野公園にある五條天神社鳥居が並んだ細い参道を歩いたときの方が特別な感じがした気がする。

ENGLISH
2021年12月 町角 東京
香炉 提灯 屋根 寺院 上野

不忍池辯天堂ってどこ?

PHOTO DATA

No

12133

撮影年月

2021年11月

投稿日

2021年12月27日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

上野で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ