御影堂の屋根

御影堂の屋根
京都にある東本願寺で撮影 オザワテツ

東本願寺に立つ御影堂は大きさだけでなく屋根のデザインも素敵だった

東本願寺にどっしり構える御影堂の屋根は重層入母屋造だ。17万枚を超える瓦を葺いている屋根からは歴史を感じさせる重厚感を漂わせている。すぐ近くに寄って下から眺めると、幾つもの細い木材が組み合わせてあるのが見えた。

木造建築なのだから当たり前なのだけれど細長い角材が組み合わされていて、その様子は隈研吾の建築を思い起こさせる。御影堂の屋根を見上げていると、なぜだか太宰府にあるスターバックスや東京にある高尾山口駅、同じく東京にある瑞聖寺に立つ建物など隈研吾設計の建造物に似ているように見えてしまうのだ。もっともこの御影堂は明治28年に完成だ。明らかにインスパイヤされたのは東本願寺ではなく隈研吾の方だろう。木材など日本古来の素材を生かした和のデザインが隈研吾建築の特徴とされるから、京都にある歴史ある伝統的な寺院にインスパイヤされていても何ら不思議ではない。もっとも、僕が建築に詳しくないからそう思っただけかもしれないけれど。

ENGLISH

東本願寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11869

撮影年月

2020年2月

投稿日

2021年04月07日

撮影場所

東本願寺 / 京都

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF