ワット・アルンのチョー・ファー

ワット・アルンのチョー・ファー

屋根の端には尖った物体が取り付けられている

タイのバンコクにあるワット・アルンで撮影。

境内に建っている建物の屋根の色は統一されていた。どれもオレンジ色に塗られていて、深い緑で縁取られている。写真の建物の屋根もやはり同じような配色で彩られていた。オレンジ色に塗られた屋根は青空にとても映えている。屋根の形はと言うと、他の寺院と同じように重ねられたようになっている。そして、それぞれの屋根の端には不思議な物体が空に向かって伸びていた。これはチョー・ファーと呼ばれるものだ。

チョー・ファーは仏教寺院に特有の装飾で、タイだけでなく広く東南アジアの仏教寺院建築には見られるものだ。ヒンドゥー教のビシュヌ神の乗り物とされるガルーダを模したものなのだという。ここにもヒンドゥー教の影響があるのだった。日本でも帝釈天や毘沙門天など、ヒンドゥー教由来の神様が仏教の神様として祀られていることが多いけれど、東南アジアにおいても同じような状況なのだろう。

ちなみに帝釈天はヒンドゥー教では天空を神格化したインドラ神で、毘沙門天は地下に埋蔵されている財宝の守護神であるクベーラ神だ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10609
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年06月17日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
建築写真
アーカイブ
2018年6月 建築 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP