寺院の尖った屋根

寺院の尖った屋根

屋根は何層にも連なっていた

ラオスのルアンパバーンにある仏教寺院で撮影。

寺院の屋根は何層にも重なっていて、一番上の屋根の端は尖っていた。そして壁面は美しく装飾されている。この辺りでは一般的な様式だ。

同じ仏教寺院であっても日本にあるのとは大分趣が異なる。日本では銀閣寺のような質素さが求められているような気がする。でも、どうなんだろう。派手な寺院の方が、地味な寺院をお参りするよりも御利益があるような気もしないでもない。仏様も懐に余裕がある方が他人の面倒を見る気になるのかも。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ルアンパバーンってどこ?

PHOTO DATA

No

7452

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年04月22日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ