​​赤城神社の狛犬は潰れたスヌーピーのようにも見えるし、スフィンクスのようにも見える

赤城神社の狛犬

赤城神社の狛犬

関連する写真

20年以上前に訪れた時とかなり雰囲気が異なっているような気がしたのは、2009年から2010年にかけて実施された「再生プロジェクト」と銘打つ工事のためのようだ。東京赤城元町に建つ赤城神社で以前に感じたちょっと薄暗く地味なイメージを今の境内で探しても、もうどこにもない。建築家の隈研吾がデザイン監修した境内はとてもモダンな感じになっている。カフェまで併設されている境内は、良くも悪くも1300年に建立されたという由緒を感じさせない造りになっているのだ。

社殿も老朽化していたため、再生プロジェクトで再建されたというから境内には古い建物は見当たらない。社殿前に鎮座している狛犬もモダンな造作だ。オベリスクのような台座の上に載った狛犬は唐獅子のような荒々しさは感じられず、マスコットのよう。ちょっと潰れたスヌーピーのようにも見えるし、スフィンクスのフィギュアのようにも見える。夜遅くにやって来たら、なぞなぞを出されてしまいそうだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年6月 静物 東京
赤城元町 漢字 狛犬 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12288

撮影年月

2022年4月

投稿日

2022年06月06日

更新日

2022年06月09日

撮影場所

赤城元町 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

赤城神社ってどこ?

Prev & Next