遊び回る子どもたちの代わりに、白金氷川神社では猫が境内で遊んでいた

白金氷川神社の猫
白金氷川神社の猫
関連する写真

昔話では神社の境内で遊ぶ子どもたちが登場するけれど、東京都心にあるような神社で遊び回る子どもの姿を見かけるのは稀だ。広くもなく、隠れたり登ったりできる木もない都会の神社で目にするのは御朱印を求める大人ばかりで、境内の平均年齢はとても高い。

この時やって来た白金にある氷川神社も、通り沿いに立つ鳥居を抜けて辿り着く境内に自動車を停めるスペースはあっても、子どもたちが自由気ままに遊ぶような場所はない。当然境内に子どもの姿もなかった。

遊び回る子どもたちがいない代わりに、僕の前に姿を現したのはだった。参拝に訪れた人たちの動向なんて気にすることなく、自由気ままにウロウロしてる。すっかり人間に慣れているようで、僕が近づいても逃げる様子はない。その堂々とした振る舞いは、まるで境内の主のようだ。

境内をうろついていると、先程見かけた猫とは別の猫も見かけた。猫は一匹だけではなく、複数いるようだ。どうやら白金氷川神社は猫がよくいる神社として有名らしい。そして猫は白金という地名をもじってプラチナキャットなんて呼ばれているのを知って、ちょっといやらしさを感じた。

ENGLISH
2022年4月 動物 東京
狛犬 境内 白金 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12239

撮影年月

2022年2月

投稿日

2022年04月18日

撮影場所

白金 / 東京

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

白金氷川神社ってどこ?

Prev & Next