​​赤城神社のモダンな拝殿はガラス張りであけっぴろげだった

赤城神社のガラス張りの拝殿

赤城神社のガラス張りの拝殿

関連する写真

神社の社殿や仏閣の堂宇などは、老朽化しても以前と違う形に建て替えないような気がする。見えないところに現代の最新技術を用いたとしても、外観は昔通りに再建するのが多いのではないだろうか。そうするのは、外観を新しいものに替えると今まで積み重ねた伝統がなくなってしまうような気がしてしまうからではないか。

そう思ったのは、再生プロジェクトで社殿そのものを建て替えた赤城神社にやって来たからだった。伝承によれば1300年に建立されたという歴史ある神社なのだから、歴史の蓄積がどこかにあるはずなのに、僕には見つけられない。大きなガラス窓が採用されている拝殿を眺めても長い歴史を感じるのは難しい。モダンな造りはスマートさは感じさせるものの、歴史の蓄積をひけらかすのには向いていないのだ。

さらにガラス張りは長い歴史を感じさせないだけでなく、神秘性までも排除してしまっているような気もする。あけっぴろげだと神秘性が減少するように思うのだ。神秘性は見てはいけないものに通じるところがあるような気がしている身からすると、ガラス張りで内部がよく見えてしまうと、神々しさが減退してしまうような気がしてならない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年6月 町角 東京
赤城元町 反射 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12289

撮影年月

2022年4月

投稿日

2022年06月07日

撮影場所

赤城元町 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

赤城神社ってどこ?

Prev & Next