​​モダンなデザインの石灯籠は火袋が高いところにあって足元を照らしてくれなさそうだった

赤城神社の石灯籠
赤城神社の石灯籠
関連する写真

再生されてモダンな装いをまとっている赤城神社に立つ石灯籠もやはりモダンな造りだった。灯台を思わせるような背の高い台の上に、小振りの火袋がちょこんと載っている。あまり見かけない造作だ。重心が高いところにあって、スマートな見た目であるものの、実際に明かりを灯そうとすると火袋が高い位置に設けられていて使いづらいようにも見える。実際に灯したところで、参拝客の足元を照らさない不親切そうな灯籠だ。

そういえば拝殿の前に鎮座している狛犬も、石灯籠と同じように背の高い台座の上に鎮座して、融通の効かない役人のように参拝客を見下ろしている。そう考えると、ここでは何でもかんでも上に伸びていくように作られているのかもしれない。社殿も地面より嵩上げされたところに建てられているし、社殿の横には5階建てのマンションがそびえている。よくよく考えれば、ここは赤城神社。もともとは赤城山を祀る山岳信仰の神社だ。高いところに目が行ってしまうのも仕方がない。次に再生プロジェクトが実行されるときには、もっと高いところに社殿が建て替えられるのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年6月 町角 東京
赤城元町 提灯 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12290

撮影年月

2022年4月

投稿日

2022年06月08日

撮影場所

赤城元町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

赤城神社ってどこ?

PREV & NEXT