銀杏岡八幡神社に鎮座する狛犬は大きく開いた目で上方を見ていた

目を見開いた銀杏岡八幡神社の狛犬
銀杏岡八幡神社の狛犬
関連する写真

浅草橋駅のすぐ近くに小さな神社が建っている。繁華街の裏にひっそりと鎮座している銀杏岡八幡という地味な神社だ。存在感は薄いものの、縁起によればその創建は古い。平安時代中期の1062年の創建で、1000年以上の歴史を誇っているというのだ。僕にはその長い歴史が史実なのかどうかは分からない。でも昔から地元の人に親しまれているのは本当なのだろう。

鳥居を抜けると、すぐに狛犬が両脇に鎮座していた。神社にはどこにも狛犬がいるのだけれど、その姿は様々だ。ここの狛犬は目を見開いて、少し上の方を見詰めている。考え事をしていて心ここにあらずという感じにも見えるし、ちょっと正気を失いかけているようにも見えてしまう。狛犬も神域に居続けると、ご神気あたりしてしまうのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年8月 静物 東京
浅草橋 狛犬 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10241

撮影年月

2017年1月

投稿日

2017年08月09日

更新日

2022年08月19日

撮影場所

浅草橋 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

銀杏岡八幡神社ってどこ?

PREV & NEXT