富岡八幡宮の狛犬

富岡八幡宮の狛犬
関連する写真

狛犬は威嚇するかのように大きく口を開けていた

東京の門前仲町にある富岡八幡宮で撮影。

普通、神社の参道の脇には狛犬がいて、ひとつは口を開けていて、もうひとつは口を閉じている。それには意味があって、口を開けているのは「世界の始まり」、口を閉じているのは「世界の終わり」を表しているのだ。ふたつ合わせて世界の最初から終わりまでの全てということになるらしい。

写真の狛犬は口を開けている方だった。何かが始まるときには、お知らせなり連絡があることが多いから、この狛犬も何かが始まることを伝えるために叫んでいるのかも知れない。でも、僕の耳には何も聞こえてこなかった。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

富岡八幡宮ってどこ?

DATA

Photo No

45

撮影年月

2005年3月

投稿日

2005年03月27日

撮影場所

門前仲町 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

小さな飲み屋街

東京

道端の猛獣

ネパール

湯島聖堂にあった狛犬

東京

目を見開いた狛犬

東京

宇治上神社の狛犬

京都

ちょっと開いた扉

インドネシア

関帝廟の狛犬

神奈川

保安宮の狛犬

台湾

そっぽ向く狐

東京

一列に並んだ狐の石像

東京

小さな神社の狐の像

東京

豊川稲荷のお稲荷さん

東京

窪みの中の神様

ネパール

摩利支天の石像

神奈川

地蔵で埋め尽くされた境内の一角

東京

泉岳寺の山門と地蔵菩薩

東京

合掌をする赤いターバンを巻い像

タイ

大船観音の顔

神奈川

道端に立つ豚

東京

日向の麒麟

東京

金剛力士像

東京

恐ろしい形相の増長天

東京

寺院の正面

台湾

向き合って腰を下ろしていた老婆

台湾

青色の螺髪の仏像

台湾

回る風車

東京

アーカイブ