かつての海岸線をモノレールが静かに走り抜けていった

芝浦を走るモノレール
芝浦を走るモノレール
関連する写真

古典落語に芝浜という演目がある。裏長屋に住む棒手振りの魚屋が主人公の人情噺だ。その中で主人公の魚屋は芝にある魚市場で仕入れる設定になっているのだけれど、に魚市場なんてものは見当たらない。作り話なのだから魚市場自体がフィクションなのかと思いきや、そうではなかった。かつて芝には雑魚場と呼ばれる魚市場が存在していたのだ。

田町駅のすぐ近くのJR線路脇にある本芝公園に、かつてそこに雑魚場と呼ばれた魚市場があった案内板が立っている。今となってはどこにも海の気配はなく、時折モノレールが走り抜けていくこの場所はその昔、海岸線だったところ。付近の陸側が芝浜、海上が芝浦と呼ばれていて、雑魚場では近海の芝浦で捕れたの商いが行われていたという。

江戸時代には荷揚げされた魚が将軍家にも上納されたりして賑わった雑魚場も、明治維新後には埋め立てと都市化に伴い衰退してしまい、1962年には漁業権を放棄し完全に消滅してしまった。今では高層ビルと線路に囲まれた細長い公園に魚市場があったなんて知らない人も多いに違いない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2023年1月 東京 乗り物
芝浦 列車

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12424

撮影年月

2022年10月

投稿日

2023年01月06日

撮影場所

芝浦 / 東京

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

芝浦ってどこ?

PREV & NEXT