多摩川浅間神社の見晴台に傘を差した女性がぽつんと立っていた

多摩川浅間神社の傘
東京の田園調布にある多摩川浅間神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

江戸時代には大勢の信仰を集めた富士信仰も、今となっては過去の遺物に近いものがある。かつては江戸のあちらこちらに造られた富士山を模した富士塚もあまり残っていないし、残っていたとしても信仰のためにそれに登る人はいない。富士山に登りたければ、本物の富士山に登りに行くのが一般的だ。

では富士信仰の場である浅間神社は信仰の場でなくなってしまうのかというとそんなことはなく、木花咲耶姫命を御祭神とする神社として残っている。木花咲耶姫命は富士の山神とも想定されているので、富士信仰がちょっと形を変えて残っているわけだ。

家庭円満・安産・子安のご利益があるとされる木花咲耶姫命をお参し終えると、僕は境内の横にある大きな舞台の上にやって来た。この神社には多摩川に迫り出すようにして舞台が設けられていて見晴らしが良いのだ。

僕が舞台にやって来たとき、舞台の上は空いていたものの、先客の姿があった。を差した女性はフェンス際に立ち止まって、じっと武蔵小杉の方向を眺めていた。僕と同じように、遠くに林立するタワーマンションの姿に圧倒されていたのかもしれない。

ENGLISH
2021年11月 人びと 東京
バック・ショット 田園調布

多摩川浅間神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

12090

撮影年月

2021年7月

投稿日

2021年11月14日

更新日

2021年11月15日

撮影場所

田園調布 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ