薄明光線の下、東横線が多摩川に架かる橋の上を走っていた

薄明光線の下を走る東横線
東京の田園調布にある多摩川浅間神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

多摩川浅間神社のある辺りは多摩川が流れていて水の確保に苦労することもなく、食べ物も豊富だったのか、東京では珍しく古墳がいくつも並んでいるところだ。なんでもここ荏原台古墳群には50基あまりの古墳が確認されているのだという。これだけあるとエジプトの王家の谷のようで、ネクロポリスだったのではないかと勘ぐってしまいたくなる。

残念なのは出土物はあったものの、誰の墳墓なのかはわからないこと。何を隠そう多摩川浅間神社自体が誰の墳墓か分からない古墳の上に建てられている。でも僕がここにやって来たのは数多ある古墳を見学するためではない。田園調布にあるこの神社京都にある清水寺のように懸造で建造されているわけでもないのに大きな舞台が境内に設けられている。その舞台からの眺望を満喫するために来たのだった。

多摩川に向かって迫り出している舞台の上に立つと、多摩川と対岸の様子がよく見える。すぐ近くに視界を遮る建造物はなく、広々したがプカプカと浮かんでいた。雲の間から降り注ぐ薄明光線の下で東横線が橋を渡っているのが見えた。

ENGLISH
2021年11月 東京 乗り物
田園調布 河川 列車

多摩川浅間神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

12088

撮影年月

2021年7月

投稿日

2021年11月12日

撮影場所

田園調布 / 東京

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ